住宅の問題は業者に相談|解体工事や設定管理はプロの専門業者にお任せ|撤去と同時に処分
ワーカー

解体工事や設定管理はプロの専門業者にお任せ|撤去と同時に処分

住宅の問題は業者に相談

男の人

家屋解体の工事内容家屋解体工事の流れとしては、足場の組み立てをした後に工作物の撤去を行ない、建物の解体や廃棄物の分別などを実施して廃棄物処分の受け入れを依頼してから地中障害物の確認後に整地を実施して完了となります。足場の組み立て家屋解体を行う際に、始めに必要となってくるのが、足場の組み立てとなっています。解体時に騒音やホコリが飛散しないように、建物周辺に足場を組み立て、防音シートなどをかけて取り壊す建物の周囲を取り囲んでいきます。工作物の撤去の次に、手作業で撤去できるものを撤去していきます。対象となる工作物となるのが、窓ガラスやサッシ、畳、瓦、建具、石膏ボード、住宅設備機器、断熱材、家庭の不用品となります。建物の解体工作物の撤去が完了したら建物の解体に入っていきます。建物に水をまきながら、壁、屋根、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こして撤去していきます。水をまくという作業は、防塵のためとなります。廃棄物の分別、廃棄物の受け入れ解体したものの素材を収集、搬出させていきます。これらは廃棄物となり、この廃棄物は木材・プラスチック・コンクリートなどに分別させていきます。分別した廃棄物を産業廃棄物の処分場にて受け入れてもらいます。これらの廃棄物はリサイクルなどに使用されるものとなっています。(木材はチップや燃料にリサイクル、コンクリートはセメントや埋め立てなどに利用されます)地中障害物の確認、整地解体工事が終了したら、廃材が地中に残っていないか確認をしていきます。最後に地面を平らにして整地にしたら、工事完了となります。このように家屋解体工事にはすべて順番が決められており、そのスケジュール通り工事を行っていきます。これは家屋解体だけではなく、外装工事や屋根修理なども同様となります。また室外工事の中には除雪作業も含まれることがあり、業者によっては除雪作業の代行も依頼することが可能です。